ニューカッスル徹底解説!武藤嘉紀など、選手、監督、歴史について

プレミアリーグ

ニューカッスルは20世紀の古豪と呼ばれているチームです。そんなチームの現状について解説していきたいと思います。

テンプレートとは…

正式名称はニューカッスル・ユナイテッド・フットボール・クラブです。愛称はマグパイズです。クラブのカラーは白と黒です。

ホームタウンは、ニューカッスル・アポイン・タイン

ホームスタジアムは、セントジェームズパークです。収容人数は52405人である。このスタジアムは前身であるニューカッスル・ウエストエンドのホームスタジアムでした。

ライバルはサンダーランドとミドルスブラでサンダーランドとのダービーはタイン・ウェア・ダービーと言われています。

ニューカッスルは会長が変わるかもしれないという事でも話題になっています。今の会長はマイクアシュリーです。この人はあまり選手などに投資をせずにビジネスを優先することからサポーターには気に入られていません。そんなマイク・アシュリーからなんとサウジアラビアの皇太子にオーナーが変わるかもしれません。総資金36兆円あるといわれています。もしかするとBig6の地位が揺るぐかもしれません。

歴史

1893年にニューカッスル・イーストエンドFCが財政難に陥ったニューカッスル・ウェストエンドFCを買収をして、ニューカッスル・ユナイテッドFCが誕生した。

1910年FAカップ優勝する。

1993/94シーズンからプレミアリーグに参戦する。

1995/96シーズン ニューカッスルは前半首位を独走ていたが優勝を逃す。

2007年からマイクアシュリーが会長に就任する。

選手

武藤嘉紀

1992年生まれ東京都世田谷区出身です。日本代表にも選ばれたことがあります。JリーグではFC東京にいました。彼のプレースタイルとしてはスピードと当たり負けしない体幹です。ドリブルでガンガン抜いたり裏を抜ける動きをしたりすることができます。また、サッカーIQも高く、そのシチュエーションで自分に求められるプレーを察知することができます。最近は途中交代が多いですが頑張ってほしい選手です。

ダニーローズ

View this post on Instagram

DR28 💪

A post shared by Newcastle United FC (@nufc) on

1990年生まれのイングランド出身の選手です。イングランド代表にも選ばれたこともあります。彼のポジションは左サイドバックです。プレースタイルとしては、スピードのあるオーバーラップからクロスを上げる。そして、そのあと素早く守備に戻ることのできる、運動量がある選手です。現在はトッテナムからのローンという形ですが、トッテナムでもばりばりスタメンを張っていた選手なのでニューカッスルでも活躍してくれるはずです。

アラン・サン=マクシマン

View this post on Instagram

😇⏳

A post shared by Allan SAINT-MAXIMIN (@st_maximin) on

1997年生まれのフランス出身の選手です。ウィンングなどでプレーをしています。彼の持ち味は、囲まれても対応することのできるほどのドリブルテクニックです。うまい具合に体を使い相手をぬるぬると抜いていきます。ヒールリフトで相手の選手を抜いたこともあります。現在はニューカッスルで10番をつけています。しかし、結構な問題児です。まだ23歳の選手なのでこれからのキャリアに期待です。

ジョエリントン

1996年生まれのブラジル出身の選手です。2019年ニューカッスルに史上最高額で加入した選手です。ポジションはフォワードです。ニューカッスルのストライカー的役割を期待されています。ブラジルの選手らしいしなやかな動きから繰り出される鞭のようなシュートが特徴です。今季はまだゴールが少ないのですがポテンシャルはある選手なので期待です。

監督

スティーヴ・ブルース

2019年からニューカッスルの監督を務めています。かつてのニューカッスルは攻撃的なチームで有名でしたが、今のニューカッスルはカウンターサッカーを軸としています。ポジションは5-4-1を採用していますが、サイドバックはほぼ上がらずに守備に徹しています。ビッグ6に対抗するように作られているチームです。

最後に…

今回はニューカッスルについて記事を書きました。今はプレミアリーグの中堅クラブとなっていますがこれから、サウジアラビア資本が入ってきてビッククラブとなる可能性があります。もし、サウジアラビア皇太子がオナーになった場合はスーパースターや名将などが選手や監督になる可能性があります。もしかしたらプレミアリーグの一番ホットなクラブかもしれません。ぜひ、チェックしておいてください。

ここまで見てくれてありがとうございます!

次の記事で会いましょう!!

では!

コメント

タイトルとURLをコピーしました