サウサンプトン徹底解説!注目選手!ダ二―イングスなど!

プレミアリーグ

今回はサウサンプトンです。サウサンプトンはもともと教会からできたチームです。吉田麻也がいたことでも有名なクラブですね。そんなチームを紹介していきましょう!

サウサンプトンとは…

サウサンプトンの正式名所はサウサンプトン・フットボール・クラブ(サウサンプトンFC)です。

愛称はセインツ。クラブのユニフォームの色は赤と白です。このユニフォームの色をアトレティコマドリードはまねしたといわれています。

ホームタウンは、サウサンプトンです。

ホームスタジアムは、セント・メリーズ・スタジアムです。

ライバルチームはポーツマスでポーツマスと戦うときはサウスコートダービーと呼ばれます。

また、育成やスカウティングもうまいチームでかつてはベイル,マネ、ファンダイク、ララーナ、ロブレンなどがいました。

日本人選手としては今はローンで出ていますが。吉田麻也が在籍していたチームです

歴史

1885年にセントメリー教会のメンバーによって構成されました。当時はセントメリーズヤングアソシエーションFCという名前でした。

1897年にサウサンプトンFCになりました。

1920年にフットボールリーグ3部に加入しました。翌年リーグ2部に昇格します。その後31年間にわたり2部にとどまります。

1966年1部に昇格します。1974年2部に降格します。

1976年FAカップで優勝しています。

1977年プレミアリーグに昇格をします。

2001年スタジアムを103年使ったザ・デルから現在のスタジアムであるセントメリーズスタジアムに移転します。

2002/03シーズンにFAカップ準優勝しています。

2004年に宿敵ポーツマスの監督であったハリー・レッドナムが監督に就任しました。
2005年チャンピオンシップに降格をします。ハリーレッドナムがポーツマスの監督になります。このことからハリーレッドナムはスパイではないのかを言われています。

2009年本来であれば2部残留だったが運営会社が再建手続きに入ったため、勝ち点が10ポイントはく奪されリーグ1(3部)に降格してしまいます。

2009年スイス人のマルクス・リーブヘルが買収をします。2012年プレミアリーグへ復帰する。

2013年ポチェッティーノが監督になる。2014年ポチェッチェーノがトッテナムへ行きます。

2018年ラルフ・ハーゼンヒュットルが監督になります。

2019年10月25日にレスターシティ―に9対0で史上最悪の敗北をする。

選手

ダニー・イングス

1992年生まれでイングランド出身の選手です。ポジションはFWです。ゴールへの嗅覚がとても鋭い選手です。また、献身的でチームのためにハードワークもできる選手です。もともとはサウサンプトンのユースでしたが、トップに上がれずにボーンマスへ行った過去があります。点取り屋でサウサンプトンの顔といってもいい存在でしょう。

ネイサン・レドモンド

1994年生まれのイングランド出身の選手です。ポジションはミッドフィルダーです。トップやウィングもできる選手です。速い、強い、シュートが強い選手です。彼にボールが渡ったら何か一仕事こなしてから次のアクションを起こしてくれます。ボールが渡ったら怖い選手です。

ピエール・エミール・ホイビュルク

1995年デンマーク出身の選手です。ポジションはミッドフィルダーです。主にボランチでプレーをしています。独創的なプレーをしながら、攻守の面でチームに貢献することができる選手です。

ヤニク・ヴェスターゴーア

View this post on Instagram

Happy to be back on the pitch 🙏🏼 #2020

A post shared by Jannik Vestergaard (@jannikvestergaard) on

1992年生まれのデンマークのコペンハーゲン出身の選手です。身長が199㎝あります。ポジションはDFです。主にセンターバックをしています。吉田麻也の代わりにセンターバックを務めている選手です。空中戦や体を生かしたプレーは強いです。また、足が長いのでドリブルなどで隙を見せるとボールへと足が出てくる選手です。

ライアン・バートランド

1989年生まれのイングランド出身の選手です。イングランド代表にも選ばれたことがあります。ポジションは左サイドバックです。スピードに乗ると早く、クロスあげる姿をよく目にします。

シェーン・ロング

1987年生まれでアイルランド出身の選手です。アイルランド代表にも選ばれたことがあります。ポジションはFWです。ベテランの選手です。かなり献身的になプレーをしてくれる選手で、相手のDFまでプレスをかけに行ってくれます。また彼の持っている記録の中にプレミアリーグ史上最速のゴール記録を持っています。

ジェームズ・ウォード=プラウズ

1994年生まれのイングランドのポーツマス出身の選手です。イングランド代表です。ポジションはMFです。主にボランチでプレーをしています。フリーキックがうまく、直接ゴールをするシーンはとても爽快です。試合を見ていると直接ゴールを見ることができるかもしれません。

マイケル・オバフェミ

2000年生まれのアイルランド出身の選手です。アイルランド代表に選ばれたこともあります。ポジションはFWです。体は169cmと小さいのですが、速く、強い選手です。まるで豆タンクです。シュートの威力も強いです。よく途中交代で出てくるので相手のDFからすると合わせるのが大変な選手です。

監督

ラルフ・ハーゼンヒュットル

オーストリア出身の監督です。サウサンプトンに来る前はいま注目のチームRBライプティヒの監督をしていました。彼が就任してから、低迷していたチームを立ち上げることに成功しました。

最後に…

 今回はサウサンプトンについての記事を書きました。サウサンプトンは吉田麻耶がいたので日本人にはなじみのあるクラブではないのかなと思います。このクラブは全体的に献身的な選手が多くハードワークをするチームです。また、育成やスカウティングがうまいので次世代のスターになる可能性のある選手がいるかもしれもししれません。過去にはマネ、ファンダイク、ララーナ、ロブレン、ベイル…などなど挙げればきりがないほど現在のスター選手がいます。見ていて常に連動していて面白いチームなのでぜひ見てみてください。今回はシェーンロングのプレミア最速ゴールの動画を貼っておきます。

ここまで見てくれてありがとうございます!

では次出会いましょう

ではでは

7.69 SECONDS! Shane Long scores fastest goal in Premier League history

コメント

タイトルとURLをコピーしました