シェフィールド・ユナイテッド徹底解説!

プレミアリーグ

シェフィールド・ユナイテッドとは…

シェフィールド・ユナイテッドはプレミアリーグに所属しているプロサッカークラブです。正式名称をシェフィールド・ユナイテッド・フットボール・クラブと言います愛称はブレイズユナイテッドと言われています。シェフィールドとは呼ばないので注意してください。

シェフィールド・ユナイテッドは、最初にユナイテッドを使ったチームになります。このことからユナイテッドと呼ばれています。

ホームタウンは、シェフィールドです

ホームスタジアムは、ブラモール・レーンです。ブラモン・レーンは1855年に作られたスタジアムです。1975年まではクリケットも開催していました。収容人数は32,125です。

元々はライバルチームであるシェフィールド・ウェンズデーがホームスタジアムとして使っていましたが、賃料が高すぎるという事から違うスタジアムにホームを移してしました。そこで、そのスタジアムをほったらかすのももったいないという事から1889年にできたチームがシェフィールド・ユナイテッドです。どこかで聞いたことある話ですね。詳しく知りたい人は下記の記事を見てみてください。

また、ライバルチームはシェフィールド・ウェンズデーです。この2チームでの試合はスチィール・シティ・ダービーと呼ばれています。この名前の由来はこの2チームの本拠地であるシェフィールドが鉄工業で栄えたことから来ています。

現在、シェフィールド・ウェンズデーは2部にいるので今は見れる確率が低そうです。

またシェフィールド・ユナイテッドは過去に4部から1部まですべてのリーグで優勝したことある珍しいチームです。過去にこれを成し遂げたことがあるのは他に4チームしかありません。



歴史

1855年 ブラヒモ・レーンが作られる。
1889年 シェフィールド・ユナイテッドFCが設立される。
1892年 フットボールリーグの二部リーグに加盟する。
1893年 フットボールリーグの一部リーグに昇格する。
1896/97シーズン リーグカップ準優勝する。
1897/98シーズン リーグカップ優勝をする。(ここから122年間リーグ優勝はない)
1898/99シーズン FAカップ優勝する。
1901/02シーズン FAカップ優勝する。
1914/15シーズン FAカップ優勝する。
1924/25シーズン FAカップ優勝する。(ここから95年間大きなタイトルはない)
1952/53シーズン 2部リーグ初優勝をする。
1982/83シーズン 4部リーグ初優勝する。
1992/93シーズン プレミアリーグの初期メンバーに入る。プレミアリーグのゴール第一号はシェフィールド・ユナイテッドのブライアン・ディーンでした。
2016/17シーズン 3部リーグ初優勝する。
2019/20シーズン プレミアリーグに復帰する。

選手

ビリー・シャープ

ビリー・シャープは1986年生まれのイングランド・シェフィールド出身の選手です。ポジションはFWです。シェフィールドユナイテッドの頼れるキャプテンで10番です。決定力が高く、力強いシュートを打ちます。サポーターからも愛されている人で、彼が点を決めるとサポーターはより熱くなります。今シーズンの前半戦は出番が少なかったですが、後半戦になると徐々に出場機会が増えてきました。


オリヴァー・ノーウッド

オリヴァー・ノーウッドは1991年生まれの選手でイングランドのバーンリー出身の選手です。北アイルランド代表です。ポジションはMFです。パスの正確性、状況の判断力にたけている選手です。後で出てきますが、後ろからオーバーラップしてくるCBの選手にピンポイントでボールを供給することができます。

ジャック・オコネル

オコネルは1994年生まれのイングランド・リヴァプール出身の選手です。ポジションはDFでセンターバックをつとめています。センターバックですがオーバーラップをして前線の中まで入っていきます。大きな体格でパワフルな爆走からクロスを上げていきます。これがシェフィールドユナイテッドの特徴なのですが、センターバックが攻撃参加をします。おもしろいチームです。


クリス・バシャム

View this post on Instagram

⚔️

A post shared by Chris Basham (@chrisbasham6) on

クリス・バシャムは1988年生まれのイングランド出身の選手です。ポジションはDFでセンターバックを務めています。こちらも同じくサイドを爆走しオーバーラップをします。そのあとにクロスを上げてきます。クロスの精度がセンターバックですがかなりいいです。元々は中盤の選手でした。

デイビッド・マクゴールドリック

 マクゴールドリックは1987年生まれのイングランド・ノッティンガム出身の選手です。アイルランド代表に選ばれたことがあります。ポジションはフォワードです。18/19シーズンにシェフィールドユナイテッドに加入しました。プレースタイル的には体が強くなかなかボールを相手に渡しません。

リアン・ブリュースター

ブリュースターは2000年生まれのイングランドのロンドン出身の選手です。ポジションはフォワードです。リヴァプールの下部組織出身の選手で、リヴァプール期待の新人でした。20/21シーズンに完全移籍でリヴァプールからシェフィールドユナイテッドに加入しました。まだ若くこれからが楽しみな選手です。

アーロン・ラムズデール

View this post on Instagram

Ramsdale. 🧤

A post shared by Sheffield United (@sheffieldunited) on

 ラムズデールイングランド出身で1998年生まれの選手です。ポジションはゴールキーパーです。まだ22歳の選手なのですが、ボーンマスの正守護神に定着しました。20/21シーズンにボーンマスからシェフィールドユナイテッドに加入しました。これからが楽しみな選手です。

監督

クリス・ワイルダー

2016年に監督に就任しました。かつて、シェフィールドユナイテッドでもプレーしました。地元のシェフィールド出身の選手です。庶民派監督としても知られています。写真の右の人です。ちなみに左の人はアランニールというシェフィールドユナイテッドのアシスタントマネージャーです。彼の戦術は5-3-2を使っています。センターバックがオーバーラップをする戦術です。今までになかった面白い戦術なので今シーズンは上位に食い込むほどの大健闘をしています。2018年には年間最優秀監督にも選ばれています。

最後に…

今回はシェフィールドユナイテッドについての記事をきました。戦術的にも今までになかった戦術を投入しているチームなので見ていてとても面白いチームです。まだ、プレミアリーグ一年目ですが上位に食い込んできています。それほどこの戦術が型破りでですが、素晴らしいものだという事です。とても魅力のあるチームなのでまだ見たことのない人はぜひ見てみてください。

では次の記事で会いましょう!

ほな!

コメント

タイトルとURLをコピーしました