ワトフォード徹底解説!!

プレミアリーグ

 今ではプレミアリーグの常連クラブとなっているワトフォードですが、一昔前までは3部や4部のチームでした。そのクラブを救ったのは地元出身のあの有名人でした…

ワトフォードとは…

 まず、ワトフォードは正式名称をワトフォード・フットボール・クラブ(ワトフォードFC)と言います。

愛称はホーネッツ

ホームタウンはワトフォードです。

ホームタウンはヴィレッジ・ロードです。ヴィレッジ・ロードは20400人を収容することができるスタジアムです。

では、ワトフォードのレジェンドについて話していきたいと思います。ワトフォードのレジェンドの一人に

エルトン・ジョンがいます

ミュージシャンのエルトンジョンです。なぜ?と思った人もいると思います。
実はエルトン・ジョンはかつてワトフォードの会長でした。しかも4部だったワトフォードを1部へ引き上げてくれたのです。その当時の監督は、グラハム・テイラーです。

その後、エルトンジョンは軌道に乗ったクラブと売却しました。しかし、ワトフォードは2部、3部へとまた落ちてしまいました。

そんなワトフォードの危機を救ったのが、またしてもこの男エルトン・ジョンです。そして、監督はまたしてもテイラー・プリセット。黄金コンビがクラブの再構築に乗り出したのです。2年で一部まで引き上げました。

近頃の大ニュースとしては、19/20シーズンにリバプールの無敗記録を44試合で止めたことです。

すごすぎる…

歴史

1881年にワトフォード・ローヴァーズFCとして創設されました。

1898年にワトフォードFCという名称になります。

1978年にワトフォードを一部に引き上げると宣言をしエルトンジョンが会長になりました。
1977/78シーズン 3部に昇格
1978/79シーズン 2部に昇格
1981/82シーズン 1部に昇格 
このように本当に5年で1部まで昇格をしました。

1996年に再びエルトンジョンが会長になります。
1997/98シーズン 2部に昇格
1998/99シーズン 1部に昇格

わずか1シーズンで2部降格してしまう。その後06/07シーズンにプレミアリーグ1部へ昇格するも1年で降格してしまいます。

2012年ポッツォが会長になります。

2015年からプレミアリーグに昇格をし、その後は降格をせずにプレミアリーグにとどまっています。

2019/20年 FAカップ準優勝をします。

2020年 リバプールの無敗記録を破る。

選手

ジェラール・デウロフェウ

 1994年生まのスペイン出身の選手です。バルセロナユース出身でありトップチームでも出場したことがあります。2018年にワトフォードに完全移籍をしました。ポジション的にはMFで最近はセンターフォワードやウィングを務めています。彼のプレーの特徴として、テクニック、スピードを使い相手を抜いたり、様々な角度からシュートを打てる選手です。とても動きが滑らかでボールが足に吸い付いているよう。相手をすらりとかわす姿もよく目にします。ワトフォード注目の選手です。

トロイ・ディーニー

View this post on Instagram

Always nice to see my old mates 😂🤐🤫

A post shared by Troy Deeney (@t_deeney) on

 1988年生まれのイングランド出身の選手です。2010年からワトフォードにいる選手です。彼のポジションはFWです。ワトフォードの点取り屋といえばこの人です。前線のいてほしいところにいる選手でハードワークもすることができます。飛び出し能力にも優れています。

クリスティアン・カバセレ

View this post on Instagram

🐝 #watfordfc #LIVWAT #premierleague

A post shared by ✊🏻✊🏼✊🏽✊🏾 (@christiankabasele27) on

 1991年生まれのコンゴ民主主義共和国出身の選手です。ベルギー代表にも選ばれたことがあります。ポジションはセンターバックです。彼の特徴は個でも相手を止めることができることと、質の高い縦パスを供給することができます。

ダニー・ウェルベック

View this post on Instagram

First for The Hornets 🐝⚽

A post shared by Danny Welbeck (@dannywelbeck) on

 1990年生まれでイングランド出身の選手です。イングランド代表にも選ばれたことがあります。マンチェスターユナイテッドユース出身で、その後トップデビュー、アーセナルに移籍そして2019年ワトフォードにやってきました。空中戦で強く、またスピードもある選手です。現在は途中出場が多くなっていますが、これからの再爆発に期待です。

イスラマ・サール

サールは1998年セネガル出身の選手です。セネガル代表にも選ばれています。ポジションはFWです。ワトフォードでは右サイドハーフなどで出てます。そのスピードと大きな体格を生かしてカウンターの時など上がっていくところを見ることができます。まだ22歳と若いながら多くの試合に出ています。2019年にワトフォードは移籍金最高額の4000万ポンドで獲得しました。

監督

ナイジェル・ピアソン

 ワトフォードは監督交代が多いことで有名なチームです。2019年の12月に監督がピアソン監督に交代してからは安定したサッカーをしています。過去にはレスターなどの監督をしていました。監督の情報が少なくてごめんなさい…

最後に…

 今回はワトフォードについて記事を書いてみました。現在はプレミアリーグで回のチームですが、リバプールに勝ったりとみていて面白いサッカーをするチームです。相性のホーネッツ(ハチ)のように相手を追い回してボールを取ってからカウンターなどが見どころです。youtubeにリバプールに勝った試合の動画があったので載せておきます。あと、ぜひDAZNのfootball freaks という番組も見てみてください!

では次の記事合いましょう!

ここまで見てくれたありがとうございます!!

WATFORD 3-0 LIVERPOOL EXTENDED HIGHLIGHTS | SARR & DEENEY GOALS

コメント

タイトルとURLをコピーしました